浮気調査を探偵に依頼する

>

調査が難航するケースも見られる

難易度が高い浮気調査の特徴

パートナーが、こちらに気づかれないよう浮気をしている場合は調査が難航します。
証拠を掴みにくいので、3週間以上の時間が必要になるケースが多いです。
特に、これまでに何度も浮気を繰り返している人は証拠を隠す傾向が見られます。
浮気調査に慣れている探偵でも、証拠を掴みにくいでしょうから2か月や3か月というじかんがかかる可能性もあります。

浮気調査をしていると、気づかれないようにすることがポイントです。
するとパートナーは油断して、浮気の証拠を見せるかもしれません。
浮気調査の経験が豊富な探偵に任せることも重要です。
するといろいろな方法を知っているので、難易度が高くても3週間前後で必要な証拠を集めてくれるはずです。

比較的簡単な浮気調査

相手が全く警戒していない時は、1週間前後で浮気の証拠を掴むことができます。
この場合、相手は罪悪感を抱いていないケースがほとんどです。
浮気をすることが悪いことだと思っていないので、隠す気持ちも持っていないと言われています。
そんな相手と付き合っていたって、これからも浮気を繰り返すでしょうから自分が辛い目に遭います。

浮気の証拠を探偵に掴んでもらって、別れた方が良いでしょう。
探偵は、証拠を掴んだ後のアドバイスをしてくれます。
パートナーが全く罪悪感を抱いていない様子だったら、別れることを勧められると思います。
そんな人は自分を大事に思ってくれていません。
他を探せば、もっと良い人が見つかるので幸せになれます。


この記事をシェアする